岡山市北区付近でピアノを習うなら

グループレッスン、子供にとって合う合わないがある

   

♫ 岡山市北区 ♫

楓ピアノ・英数個別指導教室です

先日の体験レッスンに来てくれた5歳さん。

大手の音楽教室に行かれていたのですが、うまくついていけず結局やめてしまわれたということでした。

今回は、そんなお子さんが、またピアノをやりたいという気持ちになったことがきっかけで、ネットから当教室を検索して来てくださいました。

う~ん、大手の音楽教室のグループレッスンというのは本当に難しいと思います。

同じ課題を出しても、すぐにできる子もいれば、なかなか理解できずできない子もいる、そして頭で理解はしていても器用ではないがためにできない子もいる。

また月齢も違えば指の大きさや太さも違う。

だからついていける子と、そうでない子がいるというのは至極当たり前の結果なんです。

これってね、学校でもいえることなんです。

7歳になる年度の4月に、みんな一斉に1年生になりますが、4月生まれと3月生まれでは11カ月以上生きている時間が違います。

私のような中年の11カ月は大したことはありませんが、まだ6年しか生きてきていない子供にとっての11カ月って大きいですよ。

でも小学校はピアノのようについていけないからやめます、というわけにはいかない。

そこを何とか乗り越えて、勉強もできるようになっていくんですよね。

逆にいえば、乗り越えられなければ落ちこぼれていきます。

ただやめるという選択肢はないので、楽しくなくてもつらくても、中学まで、最近はほぼ進学するので高校までの12年間は学校へ行かなくてはなりません。

ではピアノの場合は?

もちろんやめる自由もありますし、選択する自由もあります。

お子さんとも話し合ったうえでどうするかを考えられたらいいと思います。

ただし!

レッスン後なんの努力もないまま、できないからやめる、その選択はお子さんをダメにしてしまいますよ。

ピアノは練習の時間があるからこそ上達するのです。

努力していないのにできないのを見ているのがつらいからやめます、これは論外ですからね。

前述の方は、親子で努力はしていたものの、なかなかうまくならず、おまけに周りの方も良く弾けるので、お子さんを見ているとつらくて・・・とおっしゃっていました。

ですが体験レッスンをしてみると、反応もいいし、言うこともしっかり理解できる、表現力もちゃんとある・・・これでもダメだったの?と驚きました。

きっとただ単に指が動かなかっただけのことなんだろうな。

ちなみに表現力ってこんな小さな子、どうやってわかるの?

今回レッスンできらきら星を一緒に連弾したのですが、最初は力任せにガンガン音を出してたたきつけて弾いていたので

「○○ちゃん、よく弾けたね~!でもね、○○ちゃんのきらきら星をきいていると、星がどんどん空から落ちてきて地面に突き刺さっちゃいそう、危ないよね~(本人もお母さんも大笑い)。この曲って、おそらでお星さまが静かにキラキラ光って、みんなをそ~っと見まもってくれているんだよ♫こんどはそんなふうに弾いてみようよ!」

というと、ちゃ~んと美しいきらきら星に大変身。

お母さんも驚かれていましたが、これって普通のことなんです。

子供ってみ~んな素敵な才能を持っているんです(^^♪

ちなみにグループレッスンで才能を開花させ、どんどん伸びていかれるお子さんもたくさんいらっしゃいますよ。

合うか合わないかだけだと思います。

自信を無くしたお子さんを見ているのがつらいとお母様が感じられているならば、少し考える必要があるかもしれませんね。

結局、「たのしかった~!!!」と体験レッスンを終えて帰って行かれました。

まだ検討されていらっしゃいますが、とりあえず、ピアノってたのしいんだ、ということを感じてもらえて、私としては大満足の体験レッスンでした(^^♪

さあ、今日は4歳になったばかりの生徒さんのレッスン。

彼女も手は小さいし指は細いし・・・打鍵をすることはなかなか大変。

ピアノを習い始めて1年、もうリズムや音符はばっちりですし、指も良く動くようになっています。

でもここでの無理は禁物。

弾くことは少しずつです。

指が出来上がった時にバリバリ弾けるように、彼女用の教材を作っておこうと思います。

毎回試行錯誤しながら…です。

先生の本音

はやく手が大きくなって~~~!!!

☆では、今日はこれにて☆

 

 

 

 - ピアノ教室の体験レッスン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ピアノ教室 体験レッスン

1. 体験レッスンの目的  1.1 生徒さんにとっての目的  1.2 講師にとっ …